水害対策としての防災用品

地震ですと建物は倒壊などで損害を受けますが、家の中の防災用品は火災で燃えたりしない限り使用可能でしょう。

しかし、水害となると話は別です。水や泥に使ってしまった生活用品は物理的に使用不能となります。

たとえば一階が浸水してしまうとトイレが使えなくなり、電気製品は水に浸かると使えなくなります。そこで、河川の近くに住んでいる場合は、防災用品の防水対策とともに、簡易トイレの備えが必要です。

浸水を防ぐための土嚢もあった方が、浸水が防げる場合もありますので、是非とも準備しておきたいものです。


2016年の台風10号による岩手県岩泉町水害から分かる必要な災害用品

夏に水害に見舞われてから数か月経った年末近くでも、被災者への対策は殆ど進んでいないのが現状です。

仮設住宅どころか、未だに避難所での暮らしが続いている人々が数多くいます。

避難所では、たくさんの人々が共同生活しなければならないので、長期間になるとプライベートを確保することもストレスの軽減のための方策の1つとなります。

体育館や公民館の中でのプライベートの確保…そんな時のあってよかった防災用品は「テント」。

2~3人用のテントがひと張りあれば、共同生活でも着替えや就寝時のプライベート空間の確保が出来るので、精神的なストレスもかなり軽減出来るものです。

水害ばかりではなく、避難生活の可能性がある都市部以外に居住している方々は、防災用品の中にテントもひと張り加えておくことをおすすめします。

カートに入れる

店長からのご挨拶

ご来店ありがとうございます!

当店は、企業における東京都の帰宅困難者対策条例向けや、ご家庭の災害対策にあってよかった防災用品を専門で販売している通販ショップです。

どうぞごゆっくりとご覧下さいませ。

商品検索

まとめ買いなら値引き交渉受付!

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」