×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

被災者の体験から学ぶ、あってよかった防災用品

ここ数年、日本の地震に関する災害だけみても、「阪神大震災」「中越地震」

「東日本大震災」「熊本地震」など、

大きな被害をもたらした災害が記憶に新しいことです。


実際に起こった災害において、現地で被害にあった人々でなければ

その本当の辛さ、不便さは分かりようがないでしょう。



これから先、自然の災害は何度私たちに襲いかかるかわかりません。

それもいつ何時かさえ不明なのです。


だから備えは重要です。


直近の震災で被害を受けた方々の体験などから、

被災時に必要となった災害用品を、アンケートなどを基に

順位をつけてまとめました。


ご家庭や事業所の防災用品を準備する上での

参考としていただければ幸いです。



震災を経験された方々に伺うと、やはり一番必要になってくるのは

「食料品」だといいます。中でも「水」「飲料水」。

人一人に対して1日1リットルの水が必要だといわれており、

災害時に公共機関からの水の援助が始まるのが早くて

2~3日はかかるという過去の実績からみても、

一人につき3リットルは確保しておきたいものです。


マンションにお住まいの方は、貯水タンクの水を使い切ると

電気が復旧するまで、水道が使えないので注意が必要です。


よって、

それらに関連して、給水地からの水を運ぶために必要となってくる

ポリタンク、カート、自転車などが「あってよかった」と感じたそうです。

背中に物を背負うためのキャリーも便利でしょう。


実際、震災後の被災地では自転車が飛ぶように売れたそうで

食糧や水などを供給場所から運んだり、移動したりするのに

とても役立つものの1つです。

一家に最低1台は折り畳み自転車等を保有しておくと良いでしょう。

(震災ばかりでなく、昨今の台風による断水などでも

自転車の後ろに水タンクを積んで、親類の家などまで届けたという事例もあります。)


また、防災用品のセットに入っている「軍手」ですが、

実際に使うことを考えると、物を持つときなどは滑り止めのゴム付き

でないと使い物にならないというレポートが発表されています。

そして更に万全を期すには、軍手よりも「皮手袋」の方が、

瓦礫や危険物を取り除いて人を救出したり、

物を片づけたりするのにもより安全です。


防災頭巾かヘルメット、それにヘッドライトがあれば、夜間の避難や暗い建物の中の避難も安心です。


以上、被災した方々のご意見を基にして、被災時に本当に助かったと感じた

防災用品、いわゆる「あってよかった防災用品」をご紹介致しました。

カートに入れる

店長からのご挨拶

ご来店ありがとうございます!

当店は、企業における東京都の帰宅困難者対策条例向けや、ご家庭の災害対策にあってよかった防災用品を専門で販売している通販ショップです。

どうぞごゆっくりとご覧下さいませ。

商品検索

まとめ買いなら値引き交渉受付!

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」