避難所生活で役立つ防災用品の一例

地震でも台風災害でも、自宅を離れて避難所で生活しなければならない場合があります。

避難所生活は学校の体育館や地区の公民館などの場合が多いですが、最近の熊本の地震や、岩手の水害などでも分かるように、自宅に帰れず避難所で毎日を過ごすことが、被災者にとっていかにストレスが大きいかということがニュースなどでとりだたされています。

クルマでの寝泊りが原因でエコノミークラス症候群になったり、共同生活が長すぎて不眠症になったり…。

いつ、どこで起こるか分からない災害への備えとして、避難所生活でのストレスを緩和するための防災用品を考えておくことも必要です。そこで、ここに避難所生活に有効と思われる防災用品の一例ご紹介致しますので、今後のご参考にしていただければと思います。

いかにストレスを軽減するか。

体育館などの限られた空間に何世帯もの家族が同居。しかも長期間となると、プライベートな空間が無いために、精神的なストレスがたまるものです。

それは、パーティションなどの横だけの隔たりではなかなか解消出来るものではありません。

そこで、室内ではあるのですが、テントを張ることで、随分と人眼を避けることが出来るものです。(ただし、避難者が多くてスペースが足らない場合などは張ってはいけませんけど。)
一人用とかではなく、2~3人用、4~5人用といった少し大きめのテントを準備しておくとよいでしょう。

テントがあれば着替えるときも、就寝時も人目が気にならないので、その分のストレスは解消出来るわけです。

なるべく快適に就寝するための対策

体育館などですと、夜、寝るときに困るのが床の固さ冷え
十分な毛布や布団があればよいのでしょうが、現実的にはなかなか難しいようです。

エアベッドなどがあれば一番良いのですが、そこまでいかなくても、折りたたみ式の簡易ベッドくらいはあった方が良いと思います。

折りたたみ式といっても、自宅で通常使う大きな折りたたみベッドではなく、アウトドアでキャンプや野鳥観察・天体観測などで使われているコンパクトな簡易ベッドのことです。

ベッドさえあれば、毛布だけでも、寝袋でも、地べたにそのまま横になるよりは大幅に違います。
それに、板の間からの冷えも伝わりませんし。

カートに入れる

店長からのご挨拶

ご来店ありがとうございます!

当店は、企業における東京都の帰宅困難者対策条例向けや、ご家庭の災害対策にあってよかった防災用品を専門で販売している通販ショップです。

どうぞごゆっくりとご覧下さいませ。

商品検索

まとめ買いなら値引き交渉受付!

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」